終わらない闇金の返済

漫画や映画の世界だけじゃない!身近に潜んでいる闇金の恐怖

MENU

事実上返済は利息分だけで良い

闇金の恐怖

 

認可された貸金業者であれば、利息制限法によって20%以下をしっかりと守っています。多いのが18%になりますが、中小の貸金業者になるとまだ20%も多いですので、そのような業者を悪質な闇金と勘違いしないようにしましょう。まず闇金の定義としてあるのが、認可を受けていない貸金業者です。

 

もっとも大きな特徴は利息が高いことになります。トイチといった10日に1割の利息などに代表される利息になります。認可された貸金業者になると年率18%ほどになりますので、とても大きいことがわかるでしょう。

 

通常であれば元金と一緒に発生した金利を支払うのが普通になりますが、闇金の場合は異なっています。返済は利息だけで構わないところが多いです。実際利息と元金を一緒に支払うとなると、大きな負担になることがわかるでしょう。元金と一緒に支払うのは余裕があるときで良いといった甘い言葉をささやきますが、実際は営利のための営業トークになっています。

利息分だけを返済させるのが目的

闇金も利益のために行っており、そこにけっして善意は存在していません。認可された貸金業者から借りることができない人が利用することが多いことから、良心的のように感じる人も多いでしょうが、勘違いしないようにしましょう。あくまでも莫大な営利のために行っている違法行為になりますので、そこだけはしっかりおさえておく必要があります。

 

そもそも闇金の目的は、元金の返済ではありません。利息だけを支払わせるのが本来の目的です。だからこそ高い利息はどこからも借りることができない人に対しての免罪符のようなものでお布施のような役割と勘違いさせます。高いことが承知のうえで借りることになりますが、元金と一緒では支払うことができません。

 

だからこそ利息分だけで良いと持ち掛けます。元金を支払ってもらえばそれだけで利息が減ることを意味しますので、業者の減益に繋がります。だからこそ元金を支払ってもらっては困るのです。返済は利息しか構わないというからくりはここにあります。

利息の返済ができなくなってからが地獄

たとえばトイチだとしても、最初のうちはなんとかして返すことができます。その期間は債務者によって異なりますが、莫大な利息になりますので、そう長くは続きません。そもそもお金を借りないと生活をすることができない人が闇金から借りていますので、必ずそのようなことが来ます。利息さえを返済することができなくなったときにこそ、闇金を利用した本当の地獄が待っています。

 

終わらない利用の始まりです。

 

利息の支払いもできなくなれば、あらゆる手を使って債務者に圧力をかけてきます。返済の連絡は留まることを知りません。それは個人が持つ携帯電話だけに収まらず、職場にもかかってくることになるでしょう。挙句の果てには、自宅にまで訪れて催促を求めてきます。

 

会社や近所に迷惑をかけるようになることから、そこで生活の破たんを招く人も多いです。そのようなことになる前にまずは相談、そして闇金はどんなことがあっても利用しない固い決意が必要です。